860x420★0213.jpg

kansya_13.png

 

 860x420☆0105.JPG

挙式までの日々は、
「ありがとう」を育む時間。

支えられて生きている。
わかっていたはずのことが、
せつないほど胸にせまってくる。
式までの日々はそんな時間の連続です。

招待状の宛名を確かめるたびに。
幼いころのアルバムをめくるたびに。
とめどなくあふれる記憶が、
愛の大きさを教えてくれる。
式という、かぎられた時間。
そのとき、たいせつな人たちに何を贈ろう。
その答えを探しはじめたおふたりを、
わたしたちは懸命に支えたい。

 860x420 0061.jpg

おふたりのために。
おふたり以上に。

結婚式の準備は、たくさんの選択でできています。
ドレス。料理。花。曲。演出。
えらぶ時間は、人を想う時間でもある。
どんな装いで楽しませよう。
どんな料理でほほえんでもらおう。
わたしたちも、おふたり以上になやみます。
知恵をしぼり、汗をかきます。
おふたりの大切な人を心から想います。
人として持ち合わせた感受性と想像力を、
めいっぱいうごかすこと。
それこそが、いちばんのお手伝いだと信じるから。

 860x420★0208.jpg

式をつくる。
明日をつくる。

かけがえのない人たちが
みんな同じ場所にいる。
その機会は、結婚式をおいて他にありません。
だれもがほほえんでいる。手をたたいている。
そして、
おふたりがひたむきにつくりあげた時間を
わけあっている。
その景色があたたかいほど、
きっと、未来はあかるくなる。
これまで支えてくれた人たちが、
かならず、明日も照らしてくれる。
そう信じられる式を、
おふたりとともに。

slide04.jpg


式をつくるのは、人です。

ここには、広い空があります。
都会の中の上質なリゾートがあります。
水辺があり、美しい庭付きの邸宅があります。

けれど、式をつくるためにいちばんたいせつなもの。
それは、人です。
泣いたり、笑ったりする、人です。
おふたりの願いによりそい、
感謝の深さに胸をしめつけられ、
おなじ強さで、ご家族を、ご友人を想う。
それは、人にしかできない。
景色よりも、建物よりも
人のあたたかさに胸をはれる式場であること。
それがわたしたちの誓いです。